Student's VOICE

徳留さん

社会学部

徳留さん

大学に入学すると、英語とは別に第二外国語を勉強します。

英語の授業で頻繁に辞書を使うのはもちろんですが、初めて学ぶ第二外国語では辞書がないと手も足も出ません。また授業によっては辞書が必須のところもあります。

電子辞書は、分からない単語があれば、すぐに調べることができますし、発音もしてくれるのでとても便利です。英語の授業では、高校時代よりも、難しい単語を使うことが増えましたが、英和辞典だけでなく専門用語の辞書も充実しており、しっかりカバーしてくれました。

TOEIC®やTOEFLの対策が入っていたり、いろんな書籍が入っていたりと、授業から資格取得まで、電子辞書は様々な場面で役に立ちます。

なんとなく買った電子辞書でしたが、今では買ってよかったなと思っています。


宮河さん

法学部

宮河さん

僕は単語を調べる時に電子辞書とスマホを使い分けています。ちょっと調べるだけならスマホ、勉強するならば電子辞書といった形です。電子辞書なら、ひとつの単語を調べるだけで派生語などの関係知識まで身につけることができます。また複数の辞書を一挙に検索できるので、ひとつの言葉を様々な角度から理解することができます。また科目によっては試験にスマホの持込みが禁じられていることもあります。

大学は高校までのような暗記だけではありません。早いうちに電子辞書の力を借りて多くの知識や物の見方を身につけておいて良かったと、深い思考を求められるようになるにつれて感じました。

HOMEへ戻る

PAGE TOP