HOME > お部屋探しの手順

関大生のお部屋探し【関大生協】

お部屋探しの手順

営業場所 Step1「お部屋探し相談コーナー」営業のご案内

通常時期の営業

4月2日〜11月下旬(通常期間) 10:00〜17:00(定休日:日・祝日)
11月下旬〜4月1日(新入学期間) 9:00〜17:00(定休日:無休)
※11月上旬〜4月1日の期間は土・日・祝日も営業致します。(年末年始休業・学園祭期間休業を除きます)
営業日程をご確認の上ご来店をお願い致します。
※一年を通して、新入生・在校生のお部屋相談・紹介業務を行っておりますが、11月下旬〜4月1日の新入学期間中は、通常期間よりも 人員を増員し時間を拡大して営業します。

お部屋のことならなんでもお問い合わせください

お部屋探し相談コーナーマップ

凜風館への詳しい順路は、こちらhttp://kandai-heya.jp/beginner/

このページの先頭へ

Step2希望条件の絞り込み

まずは自分の希望条件を明確にしましょう。あれもこれもと欲を言えばきりがありません。“これだけは譲れない"というポイントに絞って、それに優先順位をつけておく必要があります。相談窓口に行くと、様々な物件があり、目移りしますが、譲れる条件と譲れない条件を明確にしておくと、効率的に物件を探すことができます。

予算(家賃)、どーする?

2009年度新入生入居物件賃料内訳

新入生のお部屋探しで契約された 
賃料帯とその割合        

一般的な学生の一人暮らしに必要な光熱費(電気・ガス・水道)は5〜7千円程度。その他諸経費も含めて生活を圧迫しない程度で予算設定を行いましょう。

間取り、どーする?

自分が生活しやすい間取りを選びます。洋室がいいか、和室がいいか。居室は6帖が標準ですが、広さによって賃料が変わります。

エリア、どーする?

大学まで徒歩・自転車圏内の通学の利便性を重視するのか、下新庄・淡路など大学まで電車乗車時間8〜10分、梅田や難波などの都心にも出やすく、サークル活動やアルバイトにも便利な立地を重視するのか、あなたのライフスタイルに合わせて選びましょう。

設備、どーする?

希望が多いのは、バス・トイレ別、オートロック、独立洗面台などですが、設備が充実すると、その分家賃が高くなります。「絶対に欲しい」と「あればイイナ」を区分けしましょう。

このページの先頭へ
お部屋の下見

Step3お部屋の下見をしよう!

生協一人暮らしサポート事業部スタッフが懇切丁寧に現地ガイドを行います。現地でしか確認できない要素もしっかりと見ておきましょう。物件だけでなくまわりの環境もしっかりチェック !

このページの先頭へ

Step4とっても大切!契約手続き

下見を終えて、気に入った部屋があれば申し込み・契約へ。お部屋の説明や所要費用等の重要な事項の説明をします。契約申込の際、認印と手付金(家賃1ヶ月分相当額)が必要ですので、あらかじめご用意ください。契約申込み時に生協への加入手続きをお済ませ下さい。生協なら仲介手数料は0円です。
なお、当日相談会場でも加入仮申込みにより組合員とみなして割引が適用されます。

生協は宅建業法に基づく仲介業務を行いますが、お部屋を借りる(賃貸借契約)のは入居者さんと家主さんとの民法上の契約行為です。入居申込みは、法律上の責任を伴いますので、違約金の請求を受ける等簡単にキャンセルはできません。慎重に考えて申込みましょう。

このページの先頭へ

Step5いよいよご入居!

契約手続きが完了すれば、あとは鍵渡し日を待つだけですが、引っ越しの手配などまだまだやらなければならないことがあります。
生協では提携の引っ越し業者をご紹介するので安心。
電気・水道は連絡すればすぐに使えますが、ガスの開栓はガス会社の立会いが必要ですので、事前の連絡が必要です。

One Point Advice

引越しは何から手をつけていいのか悩むところです。そこで引越しをスムーズに行うために以下のポイントを押さえて楽しく引越しを済ませてしまいましょう。

荷造りに必要なものを準備…段ボール・新聞紙・ガムテープ・荷造りヒモ・マジック・軍手など。

布団などは直前まで使うので後回しにして、普段あまり使わないもの(本や雑貨など)から箱に詰めていきましょう。

大きい箱に重たいものを詰めると運ぶのが大変です。大きい箱には衣類などの軽いもの、小さい箱には本やCDなど重たいものを入れましょう。

開封するときに迷わないように、箱の外に入っているものを書いておきましょう。

入居当日から必要な、トイレットペーパー、寝具、照明、カーテンなどは特にわかるようにひとまとめにしておくことをお勧めします。

お金・通帳・印鑑などの貴重品は梱包してしまわず自分で運びましょう。


実家から引越する際、転出と転入の届け出をいくつか済ませなければなりません。携帯電話やインターネットプロバイダ、各種保険などは早めに住所変更の連絡をしておこう。下の表を参考に完了させておけば準備OK。

郵便物の転送手続き 2週間前までに郵便局で済ませましょう
転出届の提出 1週間前までに役所に提出しましょう
ガス・水道の利用開始 3日前までに連絡しましょう
電話の利用開始 新たに回線を引く場合は、NTTの窓口で申請を
転入届の提出 引っ越してから14日以内に役所に届け出ましょう
運転免許の住所変更 引っ越してから15日以内に警察署で済ませます。住民票、写真、印鑑等が必要です