電子辞書を活用するために

国際部 山本 英一先生

国際部

山本 英一先生

グローバル化が叫ばれるなか、キャンパスでも 職場でも英語を使える(話す・書く)ことが当然のこととして期待されています。大学生活を始めるにあたり、電子辞書を活用するための3つのアドバイスがあります。

まず英和辞典から英英辞典への切換え。英語を知っているはずなのに使えないのは、単語や表現を実際のコンテクスト(場面)に結びつけて理解していないからです。コンテクストへと踏み出す第一歩として、英語を簡単な英語で理解することが大切。日本語を介さずに単語や表現を覚えること、さらにその例文を覚えることで、今までとは異なる英語の視界が開けてきます。

もう一つ活用したいのは類語辞典(Thesaurus)です。たとえば、「頂上」と言っても、英語ではsummit、peak、top、pinnacleなど様々な言葉が出てきます。特に文章(書き言葉)において、日本語は同じ単語を繰り返し用いることができますが、英語は反復を嫌います。ですから、同じことでも別の語彙で言い換える傾向があるのです。繰り返しがOKの類語(同義語)が何かを教えてくれるのが、類語辞典です。また、類語辞典は反意語も示してくれるので、これを活用すると、語彙の幅が広がり、同じ内容でも手を変え品を変え表現する習慣が身に付きます。電子辞書は、英和辞典はもとより、英英辞典も類語辞典も入っていますから、便利なツールの宝庫といえます。

最後に、トレーング機能を活用して声に出すこと。電子辞書を活用して、正しい発音の確認はもとより、実際に発音を辞書に評価してもらいましょう。高得点を目指して繰返すことで、いわば遊び感覚で正しい発音が身に付きます。黙って文字を追いかけるだけでは、外国語の学習は完結しません。

調べるだけでなく、耳を傾け、話しかけることのできることが、紙とは異なる、電子辞書の特徴です。いつも手元において、長く付き合ってください。

関西大学生協ショッピングサイト

HOMEへ戻る

PAGE TOP